カテゴリー別アーカイブ: クイックナビ

いまから帰りますメッセンジャー v13.2.1をリリース

■概要

・クイックゴールを表示して、すぐに送信ボタンを押すと、エラーになる問題を修正しました
・クイックナビに公共機関を追加しました
・エラーの送信先を変更しました


■クイックナビに公共機関を追加

device-ja.png

クイックナビの交通手段に、公共機関を追加しました。
しかし、残念ながら、国内では公共機関と自伝者はサポートされていないため、
こちらを選択しても、所要時間を自動算出できません。

ただ、将来、サポートされたときに
すぐに使えるように公共機関を選べるようにしました。

■エラーの送信先を変更しました

エラーが発生したとき、エラー内容をメールで送信していましたが、
サーバに送信するように変更しました。
送信するエラー内容は以前と同じです。

効果としては、エラー送信にかかる時間が短縮されます。

■備考

年々行動範囲が狭まり、出不精になっていく筆者ですが、
公共機関がサポートできるように施策を検討していこうと思います!

いまから帰りますメッセンジャー v7.11.0をリリース

■概要


[機能追加]
送信通知音の選択 (送信オプション設定時)

※送信通知について、バイブレーションの鳴動条件を変更しました。
 デバイス設定における通知音のバイブレーション設定に準じます。
 具体的には、マナーモードのON/OFFと連動します。 

■送信通知音の選択(送信オプション設定時)


送信オプション設定時の通知音を選択できます。


device1.png

device2.png

■備考

バイブレーションのご指摘ありがとうございました。
こちらの対応で問題が解消されるといいのですが…。
何かありましたら、ご指摘をお願いいたします(_ _)

いまから帰りますメッセンジャー v4.1.2をリリース

オート所用時間の機能を追加しました。
※プロトタイプ段階です。

所用時間を自動的に算出します。 

所用時間の算出方法は、

目的地と現在地を結ぶ2点間の距離から所用時間を求めます。

※本機能を使用するためには、本体の「位置情報の利用」を有効にする必要があります。


いろいろと制限があるのですが、お試しください。


オート所用時間を使用する手順は、以下の3ステップです。
【ステップ1】目的地(自宅など)の位置情報を登録します
【ステップ2】所用時間の算出条件を選択します
【ステップ3】オート所用時間のチェックをONにします

以下に、手順の詳細を示します。

【ステップ1】目的地(自宅など)を位置登録します

メニューボタン→オート所用時間の算出条件 をクリックします

device0_v4_1_1.png

右上の「目的地の登録」をクリックします。

device1_v4_1_1.png

目的地を登録する画面に遷移し、自動的に現在地を取得します。
現在地の取得が完了するまで、しばらく時間がかかります。

device4_v4_1_1.png

現在地の取得が終わると、
「取得完了。」のメッセージが表示されます。

device5_v4_1_1.png

「現在地を地図で確認」をクリックすると、
現在地がマップ上に表示されます。

device12_v4_1_1.png

位置が正しいことを確認します。※もし、位置がずれている場合は、
・もう一度上記手順を繰り返します。
・または、屋外で位置情報を取得すると精度が高まります。


テキストに位置名称を入力します(デフォルトでは”自宅”)。

登録ボタンを押します。

目的地には、上記名称と位置情報が設定されます。

device6-2_v4_1_1.png

以上で、目的地の設定は完了です。

【ステップ2】所用時間の算出条件を選択します

算出条件とは、本アプリが所用時間を算出するときに考慮する条件のことです。
例えば、「自宅まで、徒歩で移動し、10分余裕をみたときの所用時間を計算してほしい」など、
交通手段、余裕時間を算出条件として設定できます。

設定方法です。

メニューボタン→オート所用時間の算出条件 をクリックします。

device0_v4_1_1.png

算出条件を選択します。

device7_v4_1_1.png

※【3】位置情報の取得について、どちらを選択しても位置情報は取得できます。

屋外と屋内によって位置精度と受信速度が変わります。

最後に確定ボタンを押します。

device2_v4_1_1.png

以上で、オート所用時間の算出条件は設定完了です。

【ステップ3】:オート所用時間のチェックをONにします

オート所用時間の機能を有効にするためには、
メニューボタン→オート所用時間 のチェックをONにします。

device16_v4_1_1.png

メイン画面に移動すると、
所用時間の算出が始まります。

本文の所用時間には「自動算出中…」のメッセージが表示されます。

このとき、本アプリは何をやっているかというと、
現在地を取得し、現在地と目的地の距離と算出条件から、
所用時間を算出しています。

※GPSやネットワーク受信状況によっては、10秒ほど自動算出に時間がかかる場合があります。

device9_v4_1_1.png

算出が終わると、所用時間が設定されます。

device13_v4_1_1.png

所用時間が適切である場合は、
送信ボタンを押し、メッセージを送信してください。


所用時間を調整したい場合は、
本文欄をクリックします。


すると、時間を調整するための上下キーが表示されます。


device11_v4_1_1.png


上下キーを押すことで、所用時間を加算減算できます。

再度、本文欄をクリックすると、キーは隠れます。

【補足】
・日本国内では、算出条件に自転車や公共機関(検証中)が非サポートです。

 Google Mapの対応を待つことになります。
・本機能を実装するにあたり、通話履歴カレンダーのアプリを提供するジョンさんには、いろいろなアドバイスをいただきました。感謝です。